よくあるご質問(FAQ)

体にやさしい低ホルムアルデヒド製品ってなんですか?

ホルムアルデヒドの放散量を抑制した材料や製品レベルで計測し、ホルムアルデヒドの少ない製品をさします。

日本工業規格(JIS)では繊維板、日本農林規格(JAS)では合板について、ホルムアルデヒド放出量に関し次の等級が定められています。

F☆☆☆☆(エフフォースター)

放出量が最も少なくいF☆☆☆☆で、F☆☆☆がこれに次ぎます。

表示記号
(JIS / JAS)
ホルムアルデヒド放散量(*)
平均値 最大値
F☆☆☆☆ 0.3mg/L以下  0.4mg/L以下
F☆☆☆  0.5mg/L以下 0.7mg/L以下
F☆☆ 1.5mg/L以下 2.1mg/L以下
- 5.0mg/L以下 7.0mg/L以下

(*)ホルムアルデヒド計測実験(デシケータ法)にて、ホルムアルデヒドの放散量を測定したもの

【シックハウス症候群】

ホルムアルデヒドの飛散量が多いと、シックハウス症候群の原因となります。

住宅や家具に石油化学成分を使用した新建材、壁紙、接着剤や塗料が多く使用されています。
そこから放散される揮発性の化学物質が原因となり、頭痛や吐き気、目やのどの痛みが現われたり、アトピー性皮膚炎や気管支喘息が悪化したりすることがあります。
こうした一連の症状はシックハウス症候群と呼ばれています。

シックハウス症候群の症状

気中濃度 影響
0.2ppm 臭気を感じるが、すぐになれて感じなくなる。
0.5ppm 明らかに臭気を感じる。
1〜2 ppm 不快感(鼻や目の刺激)がおこる。
3ppm 刺激による苦痛を覚える。
5〜10ppm 目・鼻・のどに強い刺激。短時間耐えられる限界。
10〜20ppm 涙・せきがでる。深い呼吸が困難になる。

イトーキの学習商品は、ホルムアルデヒドの放散量を抑制した材料(合板、繊維板、パーティクルボード)を使用、または製品レベルで計測し、ホルムアルデヒドの少ない、お子さまの体にやさしい製品づくりを行っています。
※ただし、完全無臭ではなく、体感には設置場所や人によって差があります。また、すべてのお子さまが、アレルギーが出ないことを保証するものではありません。

公式オンラインショップ

インターネットでの製品のご購入

詳細はこちら

販売店のご紹介

イトーキの学習机・学習家具を展示・販売しているお店をご紹介

詳細はこちら

↑